グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


新着情報

ホーム >  新着情報 >  本学での新型コロナウイルスワクチン接種の延期について

本学での新型コロナウイルスワクチン接種の延期について


令和3年7月8日
学生および保護者の皆様
教職員の皆様
十文字学園女子大学
学長 志村 二三夫

本学での新型コロナウイルスワクチン接種の延期について
 本学では学生・教職員の早期ワクチン接種が、安心した授業や学生生活につながると判断し、さらに意向調査を通して多くの学生・教職員が学内でのワクチン接種を希望していることから、文部科学省を通して厚生労働省に職域接種(集団予防接種)ができるよう6月23日(水)に申請を終え、準備を進めてきました。
 しかし、メディアなどの報道でご存じの通り、ワクチンの供給に遅れが生じており、現時点で、厚生労働省からは本学で職域接種がいつから実施できるかについて明確な回答が届いていない状況です。また、職域接種が実施できる場合でも8月9日(月)以降となるとの通知が届いています。本学では引き続き学内での接種を予定していますが、ワクチンの供給状況によっては、後期授業開始以降の実施となる場合もあります。今後、関係省庁から職域接種に関する情報が入りましたら、UNIPA掲示板等でお知らせします。
 なお、住民登録する自治体からワクチン接種券が到着し、自治体が実施する接種や大規模会場での接種が可能な場合は、そちらを優先してください。