グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


新着情報

ホーム >  新着情報 >  緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について

緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について


2021年10月7日
学生の皆様
十文字学園女子大学
学 長 志村二三夫

[学長メッセージ] 分散登校の再開に向けて~リスク・リテラシーを磨きましょう~
 既にお伝えしているように、明日10月8日(金)、本学は分散登校を再開します。新型コロナウイルス感染のこれまで最大の波=第5波は、緊急事態宣言下での人流抑制、感染しない・させない行動の徹底、ワクチン接種の普及などの様々な要因がプラスに働いて収まった模様です。しかし、緊急事態宣言が解除され、分散登校が再開する中、次の感染拡大の波がいつ来るかは予測できません。
 新型コロナウイルス感染もそうですが、物事にはゼロリスクはあり得ません。そうであれば、できるだけリスクを回避し、みんなの生命と社会の健幸を守るために、これまでの経験値を高めなくてはなりません。リスク・リテラシー、すなわち「感染リスクに関する信頼できる情報を収集し、それを読み解いて活用し、皆さんの生活の中でリスクの低い行動を選択する能力」、ぜひこれを磨き上げて下さい。
 リスク・リテラシーの磨き上げは、本学の学園歌にある鍛え(喜多恵)にも通じます。これまで本学では様々な機会に感染リスクに関する情報を提供してきました。あらためて思い起こし、確認して下さい。
 なお、今回は、少し古いですが、岐阜県発表の情報(https://www.gifu-np.co.jp/news/20210818/20210818-98017.html)をご紹介します。この情報によれば、感染者は、友人とカラオケやドライブ、会食をしたり、県外の感染拡大地域に出掛けたりした若者が多く、会食をきっかけとする複数のクラスターの発生もあったそうです。学内外を問わず、気の緩みがちな飲食の場も含め、感染しない・させない(家や大学にウイルスを持ち込まない)行動を徹底できるよう、みんなでリスク・リテラシーを高めましょう。
緊急事態宣言解除に伴う本学の対応について

1.本学の行動制限レベルについて

行動制限レベルをレベル1.5に変更します。

2.行動制限レベルの変更日

2021年10月8日(金)

3.授業形式について

「ハイフレックス型」授業を「分散登校」によって実施する形式とします。
ただし、通学や本人を含めたご家族の健康状態等に不安のある学生は、遠隔での受講を可能としますので、各授業の担当教員に申し出てください。

4.課外活動について

課外活動は可とします。
屋内で活動の場合、換気の徹底、人数制限、対人距離確保に充分配慮し、呼気が激しくなるような運動や大声を出すような活動は禁止とします。
更衣室や部室等を利用する場合は、短時間かつ少人数での利用とし、室内での会話は控えてください。

5.学内施設

学内施設は全面開放とします。ただし、大学内では、正しいマスクの着用、石鹸と流水による手洗いの徹底、手指消毒等の感染予防対策をお願いします。
・正門入構時は、検温と学生証の確認を行います。
・当面の間、開門時刻は7時、閉門時刻は19時とします。
以上