グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


新着情報

ホーム >  新着情報 >  本学における新型コロナウイルス感染症の感染者情報等の公表基準の変更について

本学における新型コロナウイルス感染症の感染者情報等の公表基準の変更について


2022年4月21日
学生の皆様
教職員の皆様
十文字学園女子大学
本学における新型コロナウイルス感染症の感染者情報等の公表基準の変更について
 本学では、2020年6月15日に「十文字学園女子大学『新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン』」を策定し、様々な感染予防対策を講じてまいりました。
 2022年4月から、本学関係者(学生、教職員、その他本学施設利用者)の新型コロナウイルス感染症への感染が判明した場合の感染者情報等は、厚生労働省「一類感染症が国内で発生した場合における情報の公表に係る基本方針」に準じ、以下の基準により行うことといたします。
 本学における感染対策並びに感染者及び関係者の個人情報保護にご理解くださいますようお願い申し上げます。
・十文字学園女子大学「新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(2022.04.21 Ver.5.2)」2022年4月21日更新
 https://www.jumonji-u.ac.jp/news/20220421-11357/
「十文字学園女子大学『新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン』より
新:2022年4月より変更
2.感染症に関する情報の公表
(1)公表の目的
 本学関係者(学生、教職員、その他本学施設利用者)の新型コロナウイルス感染症への感染が判明した場合は、厚生労働省「一類感染症が国内で発生した場合における情報の公表に係る基本方針」に準じ、感染者及び関係者の人権並びに個人情報の保護に十分な配慮をした上で、以下の目的に鑑みて感染拡大防止の観点から注意喚起に資する項目のみを公表いたします。
  • 感染症の拡大防止
  • 大学関係者及び近隣住民の安全の確保並びに不安の軽減
  • 感染者及び関係者に関する誤った情報の拡散防止

(2)公表の基準
 次のいずれかに該当する場合は、速やかに本学公式サイトで公表します。
①感染者が入構したことが確認され、学内での行動履歴が把握できない場合
②感染者が入構したことが確認され、教育研究活動、課外活動及び入構等を制限しなければならない事態が生じた場合
③学内施設においてクラスターが発生した場合

 なお、感染者が入構した場合においても、感染者の学内での行動履歴及び濃厚接触者が特定できている場合には、公表は差し控えます。
旧:2022年3月末まで
2.感染症に関する情報の公表

(1)公表の目的
 本学から必要な情報の公開によりさらなる感染拡大の防止を図ることを目的とします。
  • 本学関係者又はキャンパス近隣住民の不安を軽減することを目的とします。
  • 感染者やその家族への詮索や差別を防ぎ、人権と個人情報保護に努めることを目的とします。

(2)公表の内容
 感染拡大防止の観点から、施設等の利用履歴および本学で講じた対策、施設等の立入禁止措置等の対応について速やかに公表します。

(3)公表の基準
 公表の基準については、感染者の行動履歴および影響範囲に応じ、保健所等の助言を参考に、原則として以下に該当する場合とします。
  • 新型コロナウイルス感染症を疑う症状を呈した2日前の日以降に学内に入構している場合
  • 無症状病原体保有者の場合は、陽性確定に係る検体採取日の2日前の日以降に学内に入構している場合