グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


新着情報

ホーム >  新着情報 >  人間発達心理学科 東畑開人准教授が第19回大佛次郎論壇賞を受賞しました

人間発達心理学科 東畑開人准教授が第19回大佛次郎論壇賞を受賞しました


本学人間発達心理学科東畑開人准教授の著書『居るのはつらいよーケアとセラピーについての覚書』(医学書院)が、政治経済や社会、歴史などの優れた論考を顕彰する第19回大佛次郎論壇賞(朝日新聞社主催)を受賞しました。
東畑准教授が4年間勤務した沖縄県の精神科診療所での出来事をエッセー形式で描き、「『いる』ことを目的として『いる』」こと、「ただ、いる、だけ」の価値や意味をはじめ、ケアとは何か、セラピーとどう違うか等について思考を深めています。

<関連記事>
朝日新聞(2019年12月20日付)
http://www.jumonji-u.ac.jp/outline/press/houdou/press_2019/index.html


書 名:「居るのはつらいよーケアとセラピーの覚書」
著 者:東畑 開人
発 行:医学書院
発行日:2019年2月
定 価: 2,200円+税
A5判/360ページ