グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


入試情報

ホーム >  入試情報 >  2022(令和4)年度入試 受験上の注意事項(ご協力のお願い)

2022(令和4)年度入試 受験上の注意事項(ご協力のお願い)


本学では受験生の皆さまに安心して受験していただけるよう感染予防対策を講じた上で、入学者選抜を実施いたします。
新型コロナウイルス感染症等における入学者選抜の対応について、受験される方は以下の点に留意してください。


<試験前>
・日頃から手洗い・手指消毒、咳エチケットの徹底、身体的距離の確保、「三つの密」(密集、密接、密閉)の
 回避などを行うとともに、バランスのとれた食事、適度な運動、休養、睡眠など、体調管理に心がけてください。
・他の疾患の罹患等のリスクを減らすため、各自の判断において予防接種を受けることを検討してください。
・試験日の2週間程度前から朝などに体温測定を行い、学生募集要項にある「健康観察記録」に記録し、体調変化の有無について確認して
 ください。
 試験当日に確認させていただく場合があります。
・試験日前から発熱・咳等の症状がある場合はあらかじめ医療機関で受診し、医師の指示に従ってください。
・新型コロナウイルス等の感染症に罹患し、試験日に入院中又は自宅や宿泊施設において療養中の方は受験できません。
 また、発熱・咳等の症状がない無症状の濃厚接触者の方(PCR検査で陰性であることが判明し、かつ試験当日無症状である場合は除く)に
 おかれましても受験することはできません。
 その場合は、追加の検定料を徴収することなく、別日程での振替受験の許可や追試験による振替措置を行います。
 欠席する場合は、必ず入試課までご連絡ください。


<試験当日>
試験当日の検温で37.5度以上の発熱の症状のある受験生については、当日の受験を認めません。
 37.5度までの発熱はないものの、咳等の症状がある受験生は、その旨を試験監督者等に申し出てください。
・試験当日は正門に設置しているサーモグラフィや非接触体温計などによる体温検査を実施します。
・試験当日は感染予防対策のため、症状の有無にかかわらず試験場内ではマスクを着用してください。
 なお、出席確認など本人確認のために試験時間中に監督者が指示した場合は、一時的にマスクを外してください。
 感覚過敏症等によりマスクの着用が困難な場合は、あらかじめ入試課にご相談ください。
・手洗いまたは手指消毒を施した上で入場してください。
 また、試験室等の出入り口にアルコールを設置しますので、入退出の際は手指消毒を行ってください。
試験当日は試験室の空気循環がとれるよう、試験中に窓やドアの開放を行います。体温調節ができるよう着脱しやすい
 上着(カーディガン等)を持参し、対策してください。

・英文字や地図等がプリントされている服等は着用しないでください。
・感染拡大防止の観点から原則保護者控室については設置しません。(構内への入場もご遠慮いただきます。)
 (遠方からの受験により付き添いが必要な場合においては、受験生と同等の感染予防を講じることを条件に入場を認めます。)


<試験後>
・試験終了後2週間以内に新型コロナウイルス感染症に罹患したことが判明した場合は、速やかに入試課までご連絡ください。


<追試験>
・ 総合型選抜Ⅵ期・学校推薦型選抜Ⅱ期・一般選抜C日程とそれぞれの入試種別の最終日程において、新型コロナウイルスの罹患や
 罹患が疑われるような場合は、追試試験を実施します。