グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


新着情報

ホーム >  新着情報 >  新型コロナウイルス感染症に係る海外渡航者の帰国後の対応について

新型コロナウイルス感染症に係る海外渡航者の帰国後の対応について


2020年3月25日
学生の皆様へ
十文字学園女子大学
学長 志村二三夫

新型コロナウイルス感染症に係る海外渡航者の帰国後の対応について
学生の海外渡航につきましては、「新型コロナウイルス感染症への対応等について(3月2日付)」により、自粛を要請しているところですが、既に渡航していた方は、帰国後は下記のとおり対応してください。

1.帰国後も「自己健康チェック表」にて健康状況を継続して確認してください。
○感染症危険情報レベル2以上の国・地域(※参照)以外から帰国した学生については、大学への入構は制限しませんが、経過観察を帰国後も14日間は継続してください。
○感染症危険情報レベル2以上の国・地域から帰国した学生については、検疫や厚生労働省の指示通り行動してください。また、大学へは帰国後14日間の入構制限をします。
健康状況については、経過観察を帰国後も14日間継続してください。
○感染症危険情報レベルは外務省ホームページから最新の情報を確認してください。

2.感染症を発症した場合に備え、旅行行程表や飛行機便情報を把握しておいてください。

3.感染した場合について
○感染した場合は、「帰国者・接触者相談センター」から受診を勧められた医療機関等の指示に従っください。また、大学「健康管理センター」又は「学生支援課」にご連絡ください。
留学生の方は「国際交流支援課」にご連絡ください。
健康管理センター:048-477-1292(me-room@jumonji-u.ac.jp
学生支援課:048-260-7735(gakusei@jumonji-u.ac.jp
国際交流支援課:048-477-0603(fsc@jumonji-u.ac.jp
○大学は出席停止とします。医療機関等の指示に従い療養してください。
○出席停止期間は、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づき、都道府県知事の勧告等による期間とします。
○詳細は「履修の手引き」「学生生活の手引き」ならびに「登校許可書」記載の「学校保健安全法に定める感染症と出席停止期間」を参照してください。
登校許可書は、本学ホームページ「学生生活」>「健康管理センター」>「各種ダウンロード」より入手出来ます。
登校許可書をダウンロードして、再診時に医療機関で記入してもらってください。登校許可書を教務課に提出すると、出席停止期間の授業が欠席扱いになりません。
○同居する家族の感染が明らかになった場合や感染者の濃厚接触者に特定された場合についても同様の取り扱いとします。

【外部機関問い合わせ先】
○帰国者・接触者相談センター朝霞保健所(新座市所管):048-461-0468
○埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター:0570-783-770
感染症危険情報レベル3 感染症危険情報レベル2
中国 湖北省全域、浙江省温州市 左記以外の地域
韓国 大邱広域市、慶尚北道慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、清道郡、軍威郡、慶尚北道奉化郡 左記以外の地域
イラン 全ての地域
エジプト 全ての地域
アイスランド、イタリア、スイス、スペイン、サンマリノ、オーストリア、オランダ、スロベニ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、フランス、ベルギー、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、アンドラ、モナコ、エストニア、マルタ、バチカン 全ての地域
スウェーデン、ギリシャ、スロバキア、チェコ、ハンガリー、フィンランド、ポーランド、ポルトガル、ラトビア、リトアニア、英国、アイルランド、キプロス、クロアチア、ブルガリア、ルーマニア 左記以外の地域
米国 左記以外の地域
【感染症危険情報レベル1の国・地域(3月25日現在)】
全世界(上記表に記載の国・地域を除く。)

詳細かつ最新の情報は、外務省海外安全HP「海外安全情報(新着情報)」https://www.anzen.mofa.go.jp/ をご確認ください。