グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


新着情報

ホーム >  新着情報 >  図書館1階で「ヒトハコ図書館」が展示されています

図書館1階で「ヒトハコ図書館」が展示されています


図書館1階+Square(プラススクエア)で「ヒトハコ図書館」が展示されています。「ヒトハコ図書館」は、30cm角のボックスの中に書籍と手書きのPOPなどを展示し、書籍を紹介するための展示です。この取り組みは、学生がそれぞれのテーマに沿って展示方法を考え、工夫を凝らした書籍空間づくりを学ぶことを目的に行われています。学生ひとりひとりが館長となり、40個近くの「ヒトハコ図書館」を制作。7/17まで図書館内に展示される予定です。

石川 敬史 准教授のコメント

「書籍空間論」(文芸文化学科専門科目・司書課程選択科目)の活動のひとつとして学生(受講者約40名)と「ヒトハコ図書館」づくりに取り組みました。事例の分析、テーマ選定、資料種別の理解、選書、演出づくり・・・単に本を展示するのではなく、そのプロセスにおける学びあいを重視しました。感染症対策にも十分留意しながら、4月から積み重ねた「ヒトハコ図書館」づくり。学生ひとりひとりの世界観が広がっています。ぜひご覧ください。