グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


新着情報

ホーム >  新着情報 >  「まん延防止等重点措置」解除にともなう行動制限レベルの緩和について

「まん延防止等重点措置」解除にともなう行動制限レベルの緩和について


2022/03/25
学生の皆様
教職員の皆様
十文字学園女子大学
学長 志村 二三夫

「まん延防止等重点措置」解除にともなう行動制限レベルの緩和について
 2022年1月以降、埼玉県や東京都など18都道府県に適用されていた「まん延防止等重点措置」は、3月21日をもって終了し、3月22日に全面解除されました。
 本学も、行動制限レベルを引き下げ下記のとおり対応することといたします。
 すでに「2022年度授業実施方針について(2022年2月17日)」でご連絡しているとおり、新年度から、学修活動及び様々な学生交流をはじめとする充実した大学生活を提供できるようにしたいと考え、全面面接授業をすることとしています。現在、学生の皆さんが学生生活を安心して送ることができるように、キャンパスの改修工事や居場所の確保など準備を進めています。
 全国の新規感染者数は減少傾向に転じているものの、新規感染者数の減少は緩やかで、いまだに高いレベルで推移しています。学生の皆さんには、引き続き、基本的な感染対策の徹底とともに、歓送迎会や花見等のシーズンではありますが、感染リスクの高い行動を控えていただくようお願いします。また、新型コロナワクチン接種は、予防接種法第9条の規定が適用され「努力義務」となっています。ご自身や親しい人を守るために、新型コロナワクチンの3回目接種を積極的に受けていただくことを推奨いたします。

1.行動制限レベル

2.行動制限レベルの変更日

2022年3月22日(火)

3.学生の登校に関して

原則、全面登校とします。
ただし、新型コロナ感染症由来(感染者、濃厚接触者、疑い症状がある等)の理由や感染への不安等がある場合は、授業の出欠席の取り扱いに配慮し、授業形態によっては遠隔受講を可能とする場合があります。

4.授業実施形態について

(1) 講義系授業 原則面接授業とします。
(2) 演習・実験・実習系授業 原則面接授業とします。
(3) 学外での実習が伴う授業 受け入れ先施設と協議のうえ、可能な範囲で実習を進めます。
学外実習が困難な場合は、学内実習等への代替を検討します。

5.課外活動について

  • 基本的な感染対策を徹底して活動可とします。
  • 宿泊を伴う課外活動に関する制限を緩和します。
    顧問教員と相談のうえ、「学外活動届(合宿用)」に必要事項を記入、および「感染予防対策計画書(合宿用)」を作成して、クラブ部長から学生支援課に提出してください。

以 上