グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




就職支援

外国人留学生の就職支援は、就職支援課が行っています。日本での就職を希望する学生は就職支援課に相談して下さい。


留学生が大学を卒業後も就職活動の継続を希望する場合は、在留資格を「特定活動」に変更する必要があります。
就職活動の継続以外の目的での特定活動ビザ申請はできません。

申請は、各自が入国管理局で行いますが、その際には本学が発行する「推薦書」が必要となります。
推薦状発行を希望する方は申請に必要な書類をそろえた上で、国際交流課の窓口に提出してください。
面接・審査を経て、推薦状の発行の可否を決定いたします。

<推薦書発行の条件>
・継続的に就職活動を行っていたことが証明できること。
・取得した「特定活動ビザ」は、必ず国際交流課に提示すること。
・卒業後の就職活動状況について、毎月国際交流課まで報告すること。

<推薦状発行に必要な書類等>
①特定活動ビザ推薦状発行申請書
②就職活動報告書(両面印刷して持参) (※1)
③継続就職活動を行っていることを明らかにする資料(※2)
④申請人の在留中の一切の経費の支弁能力を証する文書
⑤今後(卒業後)の就職活動の計画書(自由書式、A4で1枚程度)
⑥パスポート
⑦在留カード
⑧筆記用具及び印鑑

※1.国際交流支援課にて配布します
※2.企業からの面接通知の写し(メール履歴でも可)、
   東京外国人雇用サービスセンター等に登録していることを示す文書、
   企業パンフレット等、説明会でもらった資料、
   就職活動を実際に行っていることを確認できる資料 など

<特定活動申請に必要な書類等>
①在留資格変更許可申請書 入国管理局の所定用紙
②卒業証明書 自動発行機より発行
③推薦書 国際交流課で発行
④就職活動を行っていることを明らかにする資料
⑤パスポート・在留カード


学科紹介