グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




学外者の利用

図書館の一般開放についての内規

図書館利用規則第2条第4号の規定に基づき、本学学外者の図書館利用について定める

【1】学外者で図書館を利用できる者は、次のとおりとする。
1. 彩の国県民カレッジの受講生
2. 本学開催文部省委嘱図書館司書教諭講習会の受講生
3. 本学主催および他団体との共催の各種公開講座の受講生 
4. 他大学・他短期大学図書館長の紹介状を持参する学生および教職員
5. 埼玉県大学・短期大学図書館協議会加盟館の共通閲覧証を持参する学生および教職員
6. 十文字中・高等学校の生徒
7. 本学園学生・生徒(幼稚園児を含む。)の保護者
8. 本学教員の紹介ある者
9. 本学園の通学圏に所在する高等学校の女子生徒およびこれに準ずる者

【2】前項に掲げる者が図書館を利用する場合は、次の手続きを必要とする。
1. 前項の1~3については、受講証を提示する。
2. 前項の4および5については、必要書類(他大学利用紹介状または閲覧証等)を提示する。
3. 前項の6については、生徒手帳を提示する。
4. 前項の7~9については、利用前に身分証明書を提示のうえ、所定の利用申請書に必要事項を記入し提出する。

【3】受付時間は、原則として平日9時00分から16時30分まで、土曜日9時00分から12時30分までとする。ただし、館長は必要に応じ、受付時間を延長または短縮することができる。

【4】図書館資料(これに準じるものを含む。)の利用は、館内における閲覧のみとし、原則として貸出を認めない。ただし、館長は必要に応じ貸出を認めることができる。

【5】第1項から第4項までに定めるもののほか、第1項に掲げる者の図書館の利用については、図書館利用規則を準用する。


附 則
この内規は、1999年11月1日から施行する。

十文字学園女子大学および女子短期大学合格者および内定者への貸出冊数および貸出期間についての内規

図書館利用規則に基づき、図書館資料(これに準じるものを含む。以下同じ。)の十文字学園女子大学および女子短期大学合格者および内定者への貸出冊数および貸出期間について定める。

十文字学園女子大学および女子短期大学合格者および内定者(本学入学試験の合格通知書または内定通知書を受けた者をいい、所定の期間内に入学手続をしなかった者または手続後辞退をした者を除く。)は、次に定めるところにより図書館資料の貸出を受けることができる。
1.一般図書については、次のとおりとする。この場合において、貸出冊数には、情報・資料センター室の貸出冊数を含むものとする。
  3冊 2週間
2.貸出の更新は認めない。
3.利用者は、貸出を受けた図書館資料を、他人に貸与してはならない。

次の資料は、原則として貸出を認めない
1.貴重資料
2.参考図書
3.指定書
4.雑誌
5.紀要
6.視聴覚資料(CD-ROMおよびビデオなどの映像資料)
7.新聞
8.法規・追録
9.その他禁帯出ラベルの貼付してある資料

館長は、図書館資料の貸出について、必要に応じ、次の措置をとることができる
1.貸出冊数の増減
2.貸出期間の延長または短縮
3.貸出資料の返却請求

附 則
この内規は、2001年4月1日から施行する。

学科紹介