グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 食物栄養学科

食物栄養学科

科学的根拠に基づいた高いレベルの管理栄養士を養成

正しい食生活は、健康な毎日を送るために欠かせません。その人の身体状況に合わせて適切な栄養管理を行い、豊かなコミュニケーション力で指導を行う栄養のプロ、優れた管理栄養士が今求められています。食物栄養学科では科学的根拠に基づいた食に関する知識で、人々が健やかによりよく生きるために、適切な指導ができる管理栄養士を育成しています。さらに栄養教諭やフードスペシャリスト等の資格取得にも挑戦でき、幅広い知識と技術を身につけることができます。


学びの特徴

= Point 1 =
質の高い管理栄養士を育成するため
企画力、指導能力、実践力を高めるカリキュラムを設置。
国家試験対策講座などサポートも充実しています。

= Point 2 =
担任制による学生一人ひとりへの手厚い指導を実施。
3年次からはゼミ担任を配置し、二重のサポート体制で
指導を徹底しています。

= Point 3 =
社会で、すぐに活かせる資格取得のための支援体制を確立。
管理栄養士+αを目指します。

教員メッセージ

学科長 小林 三智子 教授

”栄養”の専門知識や技術だけでなく幅広い教養と豊かな想像力をもった女性に。
管理栄養士は、傷病者の栄養の指導や栄養改善上必要な指導をするなど、社会に必要とされる、そして人の命を預かる責任の重い仕事です。管理栄養士をめざすには専門知識と技術はもちろん、マネジメント能力やコミュニケーション能力が必要とされます。本学科では担任制や、講義と実験・実習の組み合わせで効果的な指導を実現。幅広い教養や豊かな想像力をもった質の高い管理栄養士の育成をめざしています。

学科紹介

短期大学部

大学院