グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 人間福祉学科

人間福祉学科

社会福祉分野の中心となる人材を養成

〈社会福祉・保育〉と〈社会福祉・介護福祉〉の2つのコースを設置して、それぞれのコースにおいて2つの国家資格をめざすことができるカリキュラムを設定しています。現場での活躍だけでなく、社会福祉関連の機関・施設においてリーダーとなれるような人材の育成が目標です。少人数教育によるきめ細かな授業が特徴で、特に福祉の分野へ多くの人材を輩出しています。


地方上級公務員試験の合格者について
人間福祉学科では平成31年度採用 地方上級公務員試験(福祉職)・国家公務員試験(法務省専門職員)に、現役で多数合格しています。
合格者数は、東京都特別区8人(葛飾区2人、練馬区、渋谷区、大田区、足立区、北区、港区 各1人)、横浜市3人、埼玉県1人、法務省専門職員3人でした。平成29年度採用からの3か年の合計では、東京都特別区17名、横浜市7名、法務省専門職3名、埼玉県1人、神奈川県1人、志木市1人となっています。
今後とも、人間福祉学科では公務員をはじめ、社会福祉協議会や社会福祉事業団などの行政関係団体への就職支援に力を入れていきます。

学びの特徴

= Point1 多職種協働・チームケア=
包括的ケアの実践と実務経験豊富な教員による多彩な授業

= Point2 W資格の取得=
幅広い活躍の場へ 社会福祉士・保育士/ 社会福祉士・介護福祉士

= Point3 地域との連携=
地域貢献、ソーシャルワークの実践の場としての人材育成

= Point4 少人数制・ゼミの充実=
キャリア選択・自己実現に向けた充実した教育システム

= Point5 4年制大学としての女子教育=
社会で活躍し、社会を創造する、自立した女性への人材育成

教員メッセージ

学科長 片居木 英人 教授

福祉の知識だけでなく、魅力、意義、やりがいも身につけます。
福祉の仕事には魅力があります。その方にとっての「よりよく生きる」を支え、笑顔をつくり出していくこと。ひと言でいうと、これが福祉です。福祉は「もうけ」を第一としてそれを追い求めていく仕事ではありません。人間一人ひとりの喜怒哀楽に直接ふれ、ぬくもりを抱きしめながら、人とかかわる仕事です。その方の役に立って喜びを感じ、またその喜びを分かち合い、相互に積み重ねていくところに、福祉の本質的な魅力があります。実際に自分がかかわった相手からの「ありがとう」、自分がかかわった相手の「笑顔」が仕事の原動力。人からも、社会からも必要とされている「福祉」。人間福祉学科での学びを通して、専門的援助関係における多様な知識や方法を獲得していきましょう。

人間福祉学科 紹介ムービー




アットホームな人間福祉学科

在学生はこんな授業に夢中になって取り組んでいます

●社会資源の活用ができるソーシャルワーカーとして、社会的要請・課題に応えることができる人材、また、保護者からの相談に対して信頼を受け、保護者支援・子どもの成長発達の援助に応える質の高い福祉の人材を育てるのが「社会福祉・保育コース」です。
●少人数教育を重視するとともに、1年次からの社会福祉ガイダンス、および保育士養成課程を実施。社会福祉士とのダブルライセンス取得を後押しします。
●保育士資格をもつソーシャルワーカーとして、社会的養護、乳幼児の福祉、遊びを通した乳幼児の健全な成長発達を担う福祉のスペシャリストを養成します。


〇福祉における社会的要請・課題に応える介護福祉の人材を育てるのが「社会福祉・介護福祉コース」です。
〇少人数教育を重視するとともに、1年次から社会福祉士および介護福祉士の国家試験ガイダンスを
実施し、社会福祉士と介護福祉士のダブルライセンス取得を後押しします。また、相談援助の専門職として行政や社会福祉協議会、社会福祉施設、病院等で活躍できるようなスペシャリストを養成します。


学科紹介