グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


附属機関

ホーム >  附属機関 >  教職課程センター >  教員免許状更新講習

教員免許状更新講習


令和3年度の免許状更新講習は、すべて終了しました。
受講された方へは、9月30日(木)までに証明書等を送付します。
new!

問い合わせは、電子メールkyosyoku(@を入力)jumonji-u.ac.jpまたは電話でお願いします。

教員免許状の有効期間の延長等については、文部科学省のwebページをご覧ください。
教員免許更新制度に関しての詳細は、文部科学省のwebページをご覧ください。
通信・放送・インターネットでの講習開設情報も、文部科学省のwebページをご覧ください。
免許状の有効期間確認には、教員免許状の有効期間確認ツールをご活用ください。

夏季期間の窓口取扱い時間
8/2(月)~9/15(水)
   月~金 9:00 ~ 16:00
     土 9:00 ~ 13:30


受講者評価について

本学の免許状更新講習のご受講ありがとうございます。
下記のWEBフォームより受講者評価をお願いします。
受講者評価フォーム

受講者評価は、受講した講習ごとに必ず回答をお願いします。(5講習受講の方は、5回受講者評価をお願いします。)

辞退の手続きについて

体調不良や予定変更などにより講習受講を辞退する場合には、下記の手続きをお願いします。

①下記のWEBフォームからお申し込みをお願いします。
辞退申し込みフォーム

②WEBフォームでお申し込み後、「受講辞退願」をダウンロード・印刷し、必要事項をご記入のうえ下記までご郵送ください。
〒352-8510
埼玉県新座市菅沢2-1-28
十文字学園女子大学 教職課程センター 行

令和3年度 教員免許更新制 免許状更新講習受講者募集要項

1.制度の概要

 教員免許更新制は、その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。免許状を更新するには、有効期間満了の日 または 修了確認期限2ヶ月前までの2年間で30時間以上(必修6時間以上、選択必修6時間以上、選択18時間以上)の講習を受講・修了することが必要となります。
 選択領域については,履修認定対象職種(教諭・養護教諭・栄養教諭)ごとに受講対象の講習が指定されています。

2.受講対象者

以下の表1~2に該当するa~hのいずれかの条件を満たす方(男女は問いません。)
   a.現職教員(幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、
    幼保連携型認定こども園、養護教諭、栄養教諭)
   b.実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員
   c.教員採用内定者
   d.教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リストに登載されている方
   e.過去に教員として勤務した経験のある方
   f. 認定こども園で勤務する保育士
   g.認可保育所で勤務する保育士
   h.幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士
 
【旧免許状所持者(平成21年3月31日以前に初めて免許状を取得した方)】
(すでに終了期限が過ぎている方はご相談ください)
 ※文部科学省のwebページで修了確認期限をチェックし、受講対象者であることを確認してください。

 表1:教諭(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校)、養護教諭免許状所持者
修了確認期限 令和4年3月31日 令和5年3月31日
生年月日 昭和31年4月2日~昭和32年4月1日
昭和41年4月2日~昭和42年4月1日
昭和51年4月2日~昭和52年4月1日
昭和32年4月2日~昭和33年4月1日
昭和42年4月2日~昭和43年4月1日
昭和52年4月2日~昭和53年4月1日
【新免許状所持者(平成21年4月1日以降に初めて免許状を取得した方)】
 表2:教諭(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校)、養護教諭、栄養教諭免許状所持者
有効期間満了の日
(有効期間満了の日は免許状の記載を確認)
令和4年3月31日~令和5年3月31日

3.講習開講年月日

(1) 必修   令和3年8月5日(木)
(2) 選択必修 令和3年8月6日(金)
(3) 選択   令和3年8月10日(火)、8月11日(水)、8月12日(木)

4.受付期間について

優先受付期間 令和3年5月18日(火)~5月24日(月)
受付初日の午前9時30分~受付最終日の午後5時まで
受付を終了しました
一般受付期間 令和3年6月15日(火)~6月21日(月)
受付初日の午前9時30分~受付最終日の午後5時まで
受付を終了しました
[優先受付該当者]    ※令和3年4月1日現在
 (1)勤務地が埼玉県新座市・朝霞市・志木市・和光市、東京都東久留米市・清瀬市で現職の受講対象者
 (2)十文字学園女子大学及び十文字学園女子大学短期大学部(旧十文字学園女子短期大学)の卒業生の受講対象者
 (3)学校法人 十文字学園教員の受講対象者

5.申込み方法について

一般受付期間の募集講習について(6/5現在)

8/5必修講習、8/6選択必修講習、選択講習のC1(8/10)・D5(8/11)・E4(8/12)は、定員に達したため一般受付での募集を行いません。
一般受付期間は以下の表の講習のみ募集を行います。履修認定対象職種をよくご確認のうえ、お申し込みください。
日付 本学
略式番号
講習名 主な受講対象者
8/10
C2 小学校教員実力養成講座〔A〕社会・外国語活動/外国語 小中高特
C3 インクルーシブ教育システムの理解と発達に障害のある子どもへの支援 幼小中高特養栄
C4 児童生徒の身体発育を見守る重要性 幼小中高特養栄
C5 教師のアクティブ・ラーナー化入門―子どもたちを自律的学習者に育てるための準備講座― 幼小中高特養栄
8/11
D1 幼児期の発達と保育者の役割 幼小特
D2 小学校教員実力養成講座〔B〕算数 小中高特
D3 小学校教員実力養成講座〔C〕音楽表現・体育 幼小中高特
D4 学校図書館を活かした学びづくり 幼小中高特養栄
8/12
E1 乳幼児期の発達 幼小
E2 小学校教員実力養成講座〔D〕国語 小中高特
E3 小学校教員実力養成講座〔E〕理科 小中高特
E5 食育について改めて考える 小中養栄
web(仮申込みフォーム)で仮申込みをしてください。

 受付期間内にこちらからお申し込みください。下記にリンクを作成します。登録の際には、個人のメールアドレスが必要です。
   (1)優先受付対象の方 ⇒ 受付を終了しました。(5/24 17:00)

   (2)一般受付対象の方 ⇒ 受付を終了しました。(6/21 17:00)

 (註)・この段階では、仮申込みです。申込み多数の場合は、抽選を行います。
    ・優先受付期間で満席となった場合は、一般受付期間では受付をしませんのでご了承ください。
    ・受講申込みの結果は、後日通知します。
    ・「キャンセル待ち」の制度はありません。
    ・選択講習各講習の最少開講人数は、原則として5名です。最少開講人数を満たさず開講しない場合は、
     別途ご連絡いたします。

6.受講料について

   1講習あたり   6,000 円

7.会場

十文字学園女子大学(埼玉県新座市)
 (1)駐車場はありませんので、会場までは公共交通機関をご利用ください。
 (2)構内全面禁煙のため、喫煙所はありません。近隣での喫煙も、ご遠慮ください。

8.講習一覧

  教諭の職にある方は「教諭」、養護教諭の職にある方は「養護教諭」、栄養教諭の職にある方は
 「栄養教諭」を受講対象者とする講習を受講してください。

9.履修(修了)認定について

(1)履修認定について
   すべての講習において、認定試験を行ないます。
    履修認定は、出席状況および認定試験の成績に基づき、文部科学大臣が定める基準によって行います。
    受講者には「合格」・「不合格」のみ通知いたします。
(2)証明書等の送付について
   令和3年9月30日(木)までに成績審査結果と以下の書類を送付します。
    ・免許状更新講習の課程の全部を修了した場合・・・免許状更新講習修了証明書
    ・免許状更新講習の課程の一部を履修した場合・・・免許状更新講習履修証明書

本学卒業生で教育職員免許状を取得した方へ

現在、幼稚園教諭、小学校教諭等教員として勤務している方

免許状更新講習を受講し、修了する必要があります。修了確認期限までに更新講習を受講し、申請しないと免許状は失効します。

現在、幼稚園教諭・小学校教諭等教職に就いていない方

免許状更新講習を受講・修了しなくても免許状は失効しません。(凍結状態)
なお、更新講習が受講できるのは、現職教員、採用内定者のほかに、過去に教員として経験がある方、臨時任用(または非常勤)教員リスト登載者など、受講対象者でなければなりません。過去に教員経験がなく、また教員になる予定もない方は、免許状を持っていても受講することができません。

過去に教諭であった方

現職教員でないために各自の修了確認期限までに免許状更新講習を受講する義務は課されていませんが、免許状更新講習を受講することはできる者とされています。今後に教諭や非常勤講師等に就こうとする場合には、それまでの間に免許状更新講習を受講・修了し、免許管理者に必要な手続を行うことが必要となります。
この場合は、住所地が所在する都道府県の教育委員会に予めご相談ください。

幼稚園教諭の免許状を持っている保育園の保育士の方

※「免許状更新講習規則の一部を改正する省令(平成25年文部科学省令第23号)」の施行(平成25年8月8日)により、受講対象の保育士が以下のとおりとなりました。
・認可保育所に勤務する保育士の方
・幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設に勤務する保育士の方
ただし、保育士の方は受講の義務がないため、旧免許状所持者(平成21年3月31日以前に教員免許状を授与された方)の場合、修了確認期限までに免許状更新講習の修了確認期限を受けなくても免許状が失効することはありません。修了確認期限までに講習を修了していない場合で、修了確認期限経過後に教員になるときには、教員になるときまでに免許状更新講習を受講・修了し、各自で免許管理者(住所地のある都道府県教育委員会)に申請を行う必要があります。
【問い合わせ先】  教職課程センター(教務部教務課) 
 電話:048-477-0579(直通) 月-金;9:00~17:00 土;9:00~13:30 日・祝日の取扱いはありません
 E-mail:kyosyoku(ここに@を入れてください)jumonji-u.ac.jp ※件名に【免許状更新講習の件】と入力してください。

注意:
携帯電話からメールで問い合わせされる際、指定受信設定をしている方は設定を解除してください。解除しない場合は本学からのメールを受信できません。または、「@jumonji-u.ac.jp」 を受信許可するドメインリストに追加してください。