グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


健康管理センター

ホーム >  健康管理センター >  新型コロナウイルス感染症への対応

新型コロナウイルス感染症への対応


・体調不良や発熱時は無理に登校せず、外出を自粛してください
・同居している人にPCR検査中の方がいる場合は、陰性の結果が出るまで登校を控えてください
・同居している人やアルバイト先で感染者が出たら、自分が濃厚接触者にあたるか確認して下さい

1.基本的な感染予防

1) 手指衛生
・外出から帰ったら石鹸と流水による手洗い(25秒以上)または、アルコール消毒を行う

2) マスク着用
・原則として、人と接する場ではマスクを着用しましょう
・マスクは交換または洗濯など、清潔を心がけましょう
・使用済みのマスクはビニール袋に入れて、密閉して捨てましょう
・飲食の際はマスクを外しますが、おしゃべりは食後にマスクを着用してからにしましょう

3) 健康管理
・毎日朝と夕に体温を測定し自分の健康状態を把握する
・食事、休養、適度な身体活動、前向きな気持ちにより免疫力を高める
・発熱などの風邪症状や嗅覚、味覚障害がある場合は、医療機関に早めに相談しましょう

4) 換気
・換気は2方向の窓やドアを開けて換気を行う
・エアコン使用中でも1時間に1回以上、数分間程度換気を行う
・冬は防寒対策をしましょう(靴下、ひざ掛け、マフラー、上着など)
5) 人との接触制限
・「うつすかもしれない」、「うつされるかもしれない」意識を強く持つ
・対面で会話をする時は、マスクをはずさない

6) 食事のマナー
・飲食の前には、手洗いや消毒を行う
・食事中、大声で会話することを控える

2.学内での感染予防

1) 授業開始前
・教室に入る前に手指衛生を行い、マスクを着用する
・学生は指定された席に着席する
・教員は参加者全員のマスク着用を確認する

2) 授業終了後
・教員は使用した機器類や教卓を近くにある消毒薬で消毒する

3) その他
・学内での移動時は、密集にならないよう2m程度の距離を保つ
・エレベーター内は会話を控える
・窓口に並ぶ時は、2m程度間隔をあけて並ぶ
・トイレは混み合わないように使用する
・必要な学習が終わったら速やかに帰宅し、他者と接触する時間を減らす
        


                   十文字学園女子大学 健康管理センター

ページ内目次