グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


人間生活学部

ホーム >  人間生活学部 >  食物栄養学科

食物栄養学科


栄養を通して、一人ひとりを未来へ導く管理栄養士へ

人々の健康を食・栄養から支援し、社会に貢献する管理栄養士をめざします。食・栄養を通してヒトをみる専門家として求められる倫理観と豊かな人間性を育み、多職種と連携して、一人ひとりに寄り添い、課題発見・解決できる力を身につけます。

学科の特徴

POINT1:栄養を通して、一人ひとりを未来に導く管理栄養士の養成

管理栄養士は、保健・医療・福祉・教育などの分野で、人々の健康の保持・増進、疾病の予防や治療、介護等を食・栄養面からサポートする専門職です。様々な職域で活躍できる未来に輝く管理栄養士を養成しています。

POINT2:高い専門性を身につけた管理栄養士

幅広い知識と知性を兼ね備え、豊かなコミュニケーション力と科学的エビデンスのある言葉で発信できる力を育成します。 

POINT3:基礎力・実践力を育む系統的なカリキュラム

基礎、応用、展開、実践へと、段階的に学ぶカリキュラムを構成しています。そして、社会のニーズに対応した「多職種連携力」、「課題対応能力」も強化した教育を展開しています。