グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


人間生活学部

ホーム >  人間生活学部 >  食物栄養学科 >  授業、研究室紹介

授業、研究室紹介


栄養教育論実習Ⅱ

井上 久美子 教授

予防や治療と食との関係
生涯を通じた人々の健康増進には、世代、生活習慣、健康状況に適応した栄養教育が必要です。治療だけでなく予防につながる健康的な食行動を獲得できるよう、より効率的で効果的な方法を模索して繰り返し実習します。

臨床栄養学IV

複雑な疾患にも対応できるしっかりとした知識を身につける

岩本 珠美 教授

この授業は国家試験に必要な科目のひとつであるとともに私たちが、生活していくうえでとても役立つ知識です。自分の健康管理だけでなく、もし誰かが身体をこわしたときにアドバイスすることもできます。
臨床栄養学は2年次から順序立てて学んでいきます。専門用語をはじめとして、栄養補給の方法、栄養評価、そして病態や疾患別による栄養管理などを学びます。その後、学んだ知識を基に実践的な実習をおこない、現場での実習へとつなげていきます。
学生のみなさんが特に興味をもつのは現場の話。病院での栄養指導や食事状況チェックなどの実際の栄養管理業務についても伝えています。現場では患者さんと積極的にコミュニケーションをはかり、症状・状態を見極めて栄養管理をおこなうことも大切です。ただ知識を詰め込むだけでなく、それを柔軟に応用できる力を身につけてほしいと思います。

学生の声

身体をこわして病院で栄養指導を受けたことがあり、そのときに看護師以外にも患者さんの力になれる仕事があることを知りました。将来は病院の管理栄養士になりたいので、この臨床栄養学は特に気合を入れて臨んでいます。さまざまな疾病や病態に対する栄養管理。覚えることはたくさんありますが、スライドやイラストを使ってわかりやすく教えてくれます。先生は実際に病院で管理栄養士として活躍されていた方なので、話を聞いていると、この仕事がより身近に感じられるし、思っていた以上に患者さんとコミュニケーションをとる機会が多い仕事だと思いました。

スポーツ医学研究室

松本 晃裕 教授

スポーツ医科学研究室では、運動による身体の生理学的機能の変化を、本学サッカー部員や他大学運動部に介入して研究しています。
運動部員の全身持久力測定とともに、食生活のサポートや、献立の提案をしています。

専任教員一覧

ゼミテーマ
井手 隆 教授 食品成分の脂質代謝調整機能
井上 久美子 教授 ライフステージやライフスタイルに応じた効果的な栄養教育・食育の検討
岩本 珠美 教授 動脈硬化性疾患予防のための食事療法に関する研究
大倉 哲也 教授 穀物(米、大麦等)の加工適性の評価とその利用
竹嶋 伸之輔 教授 免疫応答の個体差に関する研究
松本 晃裕 教授 アスリートに対するスポーツ医科学的調査
山本 茂 教授 東アジアの栄養士育成と食文化改善による健康増進
國井 大輔 特任教授 健康づくり支援に関する研究
飯村 九林 准教授 魚類を用いた骨や皮膚の健康に関する研究
岡本 節子 准教授 高齢者の食事・栄養・献立に関する研究、ジュニアアスリートの食事調査
神山 真澄 准教授 機能性食品の役割について
古明地 夕佳 准教授 高齢者の栄養ケアマネジメントに関する研究
山崎 優子 専任講師 健康食品の有用性評価に関する研究
吉澤 剛士 准教授 健康寿命の延伸について
鴨下 澄子 専任講師 新しい食習慣による健康増進
中岡 加奈絵 専任講師 骨粗しょう症予防に関する研究
和田 安代 専任講師 消火器疾患および代謝疾患等における栄養管理と病態解明に関する検討