グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 幼児教育学科

幼児教育学科

子どもから学ぶ 子どもとともに学ぶ

半世紀にわたり幼児教育を行ってきた実績と、地域社会との連携から生まれる実践的な学びを通して、社会で求められる幼児教育者を育成。知識と同時に人としての内面を磨き、自分を含めた人間に対する理解を深めます。さまざまな角度から幼児教育を学ぶことで、子どもや保護者から信頼される幼稚園教諭・保育士をめざします。


学びの特徴

= Point 1 =
学内の付属幼稚園などと連携し
子どもとふれ合う実習の機会を1年次から数多く設定。

= Point 2 =
幼児教育学とは人間学。フィールドワークなどを経験し
人間への理解を深めます。

= Point 3 =
「感じて気づく感性」「考えて理解する認識」
「関わりあい表現する行為」の3つの視点で行う教育。

教員メッセージ

山田 陽子 教授

~保育者の道へようこそ~
幼児教育学科には、子どもが大好きな学生が大集合しています。新一年生は、新しく出会った学科の仲間と、「子どもって可愛いよね」そんな気持ちを素直に共有したり、授業で学んだことをあれこれ話したりすることが、とても嬉しいのだそうです。子どもについて語る学生たちの笑顔と目の輝きがその証です。
仲間とは、互いに認め合って、助け合って、励まし合って、そして高めていく存在で、それぞれが抱いている「なりたい保育者像」を目指して努力するときに、欠かせない伴走者なのだと改めて気づかされます。
あなたも私たち十文字の幼児教育学科の仲間になりませんか。

「子どもから学ぶ 子どもとともに学ぶ」をテーマに保育者の育成をめざします。幼児教育学科設立以来50年の伝統を活かした地域社会との連携によって、実践的な学びを実現する、充実した学習カリキュラムと多様な実習を用意しています。子どもや保護者から信頼される保育者の育成をめざす十文字から、毎年多くの卒業生が幼稚園教諭・保育士になる夢を叶えています。


学科紹介