グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




情報漏洩を狙った不審なメールに注意してください

昨今、フィッシング(詐欺)メールのほか、様々な迷惑メールをきっかけに不正サイトへ誘導されたり、ウィルスに感染する被害が相次いでいます。

迷惑メールは受信者に不信感を抱かせないように巧妙に作り込まれ、有名企業名から件名や本文がもっともらしい日本語で送られてきます。
知らない送信者や、不審なメールを受信した場合は、添付ファイルを開いたり、返信したり、URLをクリックしたりしないように充分注意してください。
くれぐれも、第三者に個人情報やパスワード情報を伝えないでください。

もし、不審なメールにアクセスした場合や、ユーザIDやパスワードを入力してしまった場合は、すみやかに情報センターまで連絡し、パスワードを全く異なるものに変更してください。
パスワードの変更方法:
【ネットワークのパスワード変更】http://www.jumonji-u.ac.jp/artis-cms/cms-files/20180511-160651-6108.pdf
【メールのパスワード変更】http://www.jumonji-u.ac.jp/artis-cms/cms-files/20180511-160450-6249.pdf

また、ウィルス対策ソフトを最新の状態にするなど、各自で情報セキュリティ対策を実施してください。

【フィッシング(詐欺)メールの例:企業名及びメールの一部】
<Apple ID>
 あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください。
  安全のため、このApple IDはすでにロックされました。
<楽天カード>
  いつも楽天カードをご利用いただきありがとうございます。
  6月分の請求金額が確定いたしましたのでご案内いたします。
ご利用明細の確認はこちら

学科紹介