グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




電子メール利用の際のルールと注意事項

電子メールは、今日では必要不可欠なコミュニケーションのツールです。電子メールを安全かつ安心に利用するために、次のルールと注意事項を守ってください。


● 知らない人から送られてきた不審なメール(迷惑メール)に気を付けましょう。ウィルスが含まれていることがありま
す。添付ファイルを開いたり、本文中のURL をクリックしないようにします。また、返信すると、メールアドレスが有
効であることがわかり、迷惑メールが増える恐れがあります。
● 企業等からのメールを装い、メール内のURL をクリックすると偽造したページに誘導し、カード番号、暗証番号
など様々な個人情報を聞いてくる手口(なりすまし)がありますが、個人情報をむやみに登録しないようにしま
す。
● 不用意にメールアドレスを公開しないようにします。
● 以下のようなメールの送信は禁止します。
公序良俗に反し教育機関としてふさわしくない内容のメール
営利目的とするメール
個人情報やプライバシーの保護に違反するメール
著作権等の知的財産権および肖像権に違反するメール
チェーンメール(不特定多数へ転送を求めるメール)やスパムメール(受信者の意向を無視して大量に一括
して送信される電子メール)
個人、学園、大学への誹謗、中傷など不利益をもたらす内容のメール
セクシャルハラスメント及び人種問題に係わる内容のメール
このほか、ネットワーク管理責任者が不適当と判断するメール

迷惑メールなど心当たりのないメールや、何か不審なメールが届いたら、決してメールへの返信はしないで、すぐに情報センターへ連絡してください。

メール利用における注意事項

(1)教育・研究・学修など大学生活に係る上で必要な場合のみ使用してください。
(2)自分の電子メールアドレスを他人と共有して使用しないでください。
(3)自分の電子メールアドレスのパスワードを教えないでください。
(4)電子メールで個人情報を送信する場合は、パスワードを設定してください。

学科紹介