グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 情報センター  > マニュアル・守って欲しいルール(規程)  > 情報センター利用するために守って欲しいルール  > ウェブサイトなどのネットワークを利用する際の注意事項

ウェブサイトなどのネットワークを利用する際の注意事項

ウェブサイトなどネットワークの利用は、今日では大変便利で重要な情報ツールです。ウェブサイトなどを安全かつ安心して利用するために、次のルールと注意事項を守ってください。


 ウェブサイトは情報収集や情報交換など様々な活用ができて、今の時代において大変便利で重要な情報ツールとなっています。しかし、そこには多くの危険があります。ウェブサイトに潜む危険を把握して、安全かつ有効にネットワークを活用してください。

① ウェブサイトのバナー広告やリンクを無防備にクリックしたり、そこからファイル等をダウンロードしないでください。
  インターネットには、不正なソフトウェアをダウンロードさせることを目的とした、バナー広告などのリンクが多数存在します。無防備に不必要なサイトへリンクを張ったり、ファイルのダウンロードをする事は危険ですので、行わないでください。目的がありダウンロードしたファイルは、必ず開く前にウィルス対策ソフトでチェックしてください。

② ブログやTwitter、Facebookなどに、不用意に個人情報などを書き込まないでください。
学外のウェブサイトに書き込みを行う場合は、内容が情報漏洩、プライバシーの侵害に当たらないように注意してください。また、情報を書き込むサイトも、信用できるサイトかを確認することが必要です。あなたの一言で、友達の情報が漏洩してしまうことがあります。充分に注意してください。

③ ほかのホームページから得た情報を、コピーアンドペーストして自分の作ったホームページやブログに発信しないでください。
ニュースや写真、アニメのキャラクターなどの著作物は、著作権法によって保護されています。著作権フリーを明記しているものを除き、無断でコピーして公開したりする場合は、著作権法の違法行為になります。著作権侵害にあたらないか確認してください。また、皆さんがレポートを書く際に、コピーアンドペーストでほかの人の論文や記事を使った場合も、違法行為となります。著作権法第32条で認められている「引用」の範囲を守って正しく使ってください。

学科紹介