グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


進路・就職

ホーム >  進路・就職 >  就職/進学状況 >  健康栄養学科の就職状況

健康栄養学科の就職状況


就職率・資格合格者数

(2020年5月1日現在)

夢を叶えた内定者の声

子どもたちの健康を栄養と運動の両面から支えたい
2020年卒業 波間 美咲
社会福祉法人 高砂福祉会 就職

健康栄養学科に入学したのは、高校時代のバスケットボール部の活動を通して、運動と食事の関係に興味を持ったからです。大学に入るまでほとんど調理をしたことがありませんでしたが、何度も実習を重ねるうちに調理の奥深さを学ぶことができました。保育所栄養士をめざすようになったきっかけは、保育士である母に紹介してもらった保育ボランティアです。実際に子どもたちと触れ合うことで、一人ひとりの成長をサポートしたいと考えるようになりました。内定先は子どもの運動にも力を入れており、栄養の知識に加え、高齢者体力つくり支援士の資格取得のために学んだ運動の知識も併せ持つ点を評価されました。就職後は、食事と運動の両面から子どもたちの健康をサポートしていきたいです。

栄養士の資格を活かしながらヨガを通じて健康をサポートしたい
2020年卒業 髙力 美穂
株式会社LAVA International 就職

高校でチアダンス部に所属していた私は、栄養と体型維持のつながりを考える機会が多くあり、栄養と運動を両方学べる十文字に入学しました。大学で特に印象に残っているのは「健康づくりの運動A」という授業です。先生役になって5人のクラスメートに体操を指導したのですが、「わかりやすかった」「声の大きさが聞き取りやすかった」と評価され、仕事にも活かしたいと考えるようになりました。栄養士とフードコーディネーター資格を持つヨガのインストラクターは希少なため、内定先からは食事のアドバイスもできる点を評価していただきました。これからはヨガを通してたくさんの人々の健康をサポートしながら、自分自身もインストラクターとして成長し続けていきたいです。

食と健康のプロフェッショナルとして活躍する卒業生の声

大学で身につけた調理の技術と健康の知識が支えになっています
2019年卒業 齊藤 友菜
株式会社セブン&アイ・フードシステムズ 就職

ショッピングモール内の社員食堂で調理業務や料理の提供、衛生管理などに携わっています。利用者様との距離が近いため、「今日もおいしかったよ」と声をかけていただくたびにやりがいを感じます。入学前は調理経験がなかったのですが、大学で食材の取り扱いや野菜のカット、調理方法など、細かく学ぶことができ、調理に関する技術や知識を身につけることができました。ゼミ活動では高齢者施設で体力測定、食生活調査をするボランティアに参加しました。その経験のおかげで、接客の際も相手の体調を気遣いながらコミュニケーションを取ることができています。大学で学んだ幅広い知識を、今後はメニュー立案や健康相談などにも活かしていきたいです。

おもな就職先

食料品・飲料・たばこ・飼料 ダイショー、紀文食品
電気・ガス・熱供給・水道業 堀川産業
化学製品・機械器具卸売 東京商会
その他小売 ジンズ、クオール
生命保険 朝日生命保険相互会社
広告業、その他専門技術サービス マーケティングフォースジャパン
飲食業 グリーンハウス、エームサービス、セブン&アイフードシステムズ、オリジン東秀、ジャルロイヤルケータリング、ロイヤルホールディングス
娯楽業・遊技場 ルネサンス
郵便局、農協、漁協等 マインズ農業協同組合(JAマインズ)
国家公務員 防衛省(陸上自衛隊)
地方公務員 桶川市役所、寄居町役場、狭山市役所、三郷市役所、野田市役所