グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 児童教育学科

児童教育学科

小学校教諭をはじめ「先生をめざす」なら十文字へ

幼稚園と小学校の連携など、さまざまな変化が見られる児童教育の分野。児童教育学科では小学校教諭一種免許状を軸に、幼稚園教諭や特別支援学校教諭、さらに中学・高校英語教諭の免許取得にも挑戦することが可能です。このような充実したカリキュラム構成により、教育者としての知識の幅を増やすだけでなく、教員としての就職の可能性もアップ。「先生になる」夢へと大いに近づきます。


学びの特徴

= Point 1 =
1年次から小学校でのインターンシップを体験。
4年間での目標や将来像を思い描き学べます。

= Point 2 =
2年次から教員採用試験対策を行うことで、
小学校教諭になるための苦手科目をなくします。

= Point 3 =
「表現力」「教師力」「行動力」の3つを中心に力を養い
小学校教諭に必要な実践力を習得

教員メッセージ

学科長 狩野 浩二 教授

理論と実践の反復で、学生たちが自信を持って教壇に立てるように。
良い教員となるためには、理論と実践の両面を学んでいくことが重要です。児童教育学科は1年次から3年次まで学校インターンシップ・ボランティアを体験。現場での実践と大学での理論を繰り返し学ぶことで、教師に必要な資質を高めると同時に「学び続ける姿勢」も身につけます。このようにコツコツと4年間学び続けることで、自分に自信がなかったり人前に出るのが苦手で「自分は教師には向かないのでは」と思う学生でも自信を持って教壇に立てるよう、指導していきます。

小学校教諭一種免許状を軸に免許の複数取得が可能になりました。小学校教諭が第一目標ですが、幼稚園教諭、特別支援学校教諭免許取得のための科目が卒業単位として認められ、中学校・高等学校英語教諭の免許を取得するための科目編成も充実しました。これにより小学校教諭、幼稚園教諭、特別支援学校教諭、中学校・高等学校英語教諭の免許を複数取得する授業のカリキュラム計画や時間割が立てやすくなりました。


学科紹介

短期大学部

大学院