グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


社会情報デザイン学部


学生の声



答えがないことに取り組んでいくのが楽しいです。

社会情報デザイン学科 1年 中川 真里亜(埼玉県 秀明英光高校出身)

Q.この分野・学校を選んだ理由は?
 将来は、公務員に就きたいと考えているので、就職率の高さや女性の社会進出についての学びに重点をおき、女子大を中心に検討していました。
 第一志望は他の大学だったのですが、十文字の社会情報デザイン学科は、社会・情報・マネージメントを幅広く学ぶことができるという、新しい取り組みが魅力でした。さらに、新学科の1期生ということで、いろいろなことに積極的に取り組めるのではないかという期待もありました。

Q.大学で学んでいること、また、勉強などを通して身についた力があれば教えてください。
「社会学基礎」と「デザイン思考入門」が、お気に入りの授業です。
「社会学基礎」では、専門的な難しいテーマでも、身近なことに例えて教えてもらえるので、楽しみながら理解をすることができています。
 「デザイン思考入門」では、「答えのないことに取り組んでいくことが大切」という先生の言葉から、この学科の特徴を感じ取ることができ、楽しいと思いながら授業を受けています。
 大学では、高校までとは違い、レポートの作成が大変です。自分で調べて書くというのはもちろんですが、周辺の項目まで調べないと完成させることができません。
 しかし、苦労しながら作成しているうちに、少しずつでも調べるチカラや書くチカラがついてきているのかなと思うようになりました。

Q.これからかなえたい夢や目標は?
 大学4年間の中で、「英語力の向上」と「資格の取得」を目標に頑張っています。
 英語は、すでに生活の一部となっていて、今後ますます必要になってくるので、その力を伸ばしていきたいです。
 十文字では、「コミュニケーション演習」があり、毎日40分間ネイティブの先生と話す機会が1年あります。元々は英語が苦手なのですが、この授業のおかげで高校に比べても英語に触れる機会が格段に増えているので、英語力が徐々に伸びていると実感しています。
 さらに、先生には日本語が通じないため、なんとか伝えようと努力しています。その努力が、英語力だけでなく、コミュニケーション力の向上にもつながっているように思います。
 また、社会情報デザイン学科で、「上級情報処理士」や「ウェブデザイン実務士」の資格を取得することができます。就職をした際には、PCのスキルは必ず必要になるので、4年間の中で資格取得をしてスキルを磨いていきたいです。

文系‧理系を分け隔てなく学べる、この学科を選びました。

社会情報デザイン学科 1年 池田 彩香(東京都 日本大学豊山女子高校出身)

Q.社会情報デザイン学科に入学した理由は?
私の将来の夢は大企業の広報部に就く事です。「広告に関する仕事の人間は何事にも興味がある人が適性がある」と、以前に言われました。
高校時代、部活動の一環でチームを組み世界大会に出場した時の楽しさや苦労したこと、文系選択でしたがロボットやCGなどに触れてきたこともあり、文系・理系分け隔てなく学べる学科が良いと思い、十文字の社会情報デザイン学科を選びました。
ほかの大学にも似たような学科はありましたが、高校時代に培ってきた力を一番生かせると思ったのが十文字でした。
従来の学力選抜では見出せない資質を評価してもらえるAO入試を選択し、入学しました。


Q.学科での学びや授業について(興味を持っている授業や新しい発見など)
「社会学基礎」の講義に興味を持って取り組みました。
「社会学」と聞いて漠然と何の科目かということが初めはわからなかったのですが、講義を通して社会の構造、人間はなぜそのような思考・行動になるのかの説明のような講義でした。
今まで悩んでいたことも、「そういう構造」と分かってしまえば対処も楽です。
知識があって理解すればするほど、生きることが楽しくなる授業でした。

Q.めざしている卒業後(就職など)の進路は、どのように考えていますか?
私は、将来広報の仕事に就きたいと考えています。きっかけは様々ありますがポスターやチラシなどを集めるのが好きで、何かをみんなで企画することが好きだからです。
いろいろな広告を見ていて、人目を惹くデザインや興味をかきたてられる記事内容のものを見て、将来は人を引き付けられるものを作りたいと思いました。
そのため、将来の夢に向けて、デザインや企画などの勉強に励んでいこうと思います。