グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


人間生活学部

ホーム >  人間生活学部 >  食品開発学科 >  授業・ゼミ紹介

授業・ゼミ紹介


食品開発実習

第一線で活躍している食品企業の開発担当者との産学連携授業として展開していきます。実際の種々の食材を用いて、新しい食品の開発を試みます。食品開発の企画、試作、製造、評価、コスト管理などを体験し、食品開発のための一連のスキルを身につけます。

食品の官能評価学

食べ物のおいしさを評価する方法の一つに官能評価があります。官能評価は、人間の感覚を使っておいしさを数値化する方法です。視覚、触覚、聴覚、味覚、嗅覚のヒトの五感をセンサーとして測定する実験法を学びます。

独自の取り組み

学生たちが地域の作物を使って「にんじん畑ドレッシング」と「ごぼう畑ドレッシング」を考案、開発。

小林ゼミでは、新座市で収穫された地場野菜を用いて第1弾として「にんじん畑ドレッシング」を、第2弾として「ごぼう畑ドレッシング」を商品開発しました。市のニーズと大学のシーズを合わせ、学生は専門的知識を実学的に発揮。
商品は学内やJAあさか野で限定販売されています。

食品開発学科 教員紹介

小林 三智子 教授

科学的な視点から食品の「おいしさ」を追究する
専門 食品物性論、食品のおいしさ、官能評価学
授業で『食品物性論』や『おいしさの生理学』を中心に教えるとともに、「味覚」について研究しています。
味覚には個人差がありますが、同じ人でも朝と夜、日によっても感じ方が異なるなど、体調や環境の影響を受けやすいもの。
「おいしさ」についても、何をおいしいと思うかは人それぞれ違います。そこで、ヒトの味覚感受性を測定する心理物理学的研究と、食品の性質を測定する食品物性の研究の両面から「おいしさ」を解明する実験を重ねています。
主観的な値を客観的評価としてどのように表すかが大きな研究テーマで、ヒトと食品の二つの側面から「おいしさ」を追究しています。

渡辺 章夫 専任講師

食品開発の研究の面白さとサイエンスの醍醐味を
専門 食品分析学、食品安全学、フードシステム論
食品分析学、食品の安全性評価論などの講義を担当しています。
ゼミでは①栄養成分、機能性成分、有害成分などの食品分析、②骨粗鬆症、肥満・糖尿病、皮膚老化を予防・改善する食品成分を探索する研究をします。
食品分析を通して、健康に役立つ新しい食品成分を探索、有効性を検証し、安心・安全な食品開発を最終目的としています。
(2020年4月就任予定)

専任教員一覧

①ゼミテーマ ②専門分野 ③主な担当科目
小林 三智子 教授 ①味覚感受性と生理機能の関連性に関する研究
②味覚感受性、官能評価学
③食品の官能評価学、食品物性論
学歴 日本女子大学 家政学部 食物学科 食物学専攻 卒業
日本女子大学大学院 家政学研究科食物・栄養学専攻 修了
長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科医療科学専攻博士課程 修了
中村 禎子 教授 ①難消化吸収性糖質の生理機能と生体利用性に関する研究
②保健栄養学、栄養生理・生化学
③食品安全学基礎、食品機能学
学歴 長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科博士課程(熱帯医学研究所) 修了
成谷 宏文 教授 ①伝統的発酵食品中の有用微生物の探索・解析・応用に関する研究
②分子微生物学、食品微生物学
③食品微生物学、発酵食品開発学
学歴 東北大学 農学部 農芸化学科 卒業
東北大学大学院 農学研究科農芸化学専攻博士課程 修了
梶野 涼子 准教授 ①低・未利用資源を利用した食品開発に関する研究
②食品化学、食品加工学
③食品成分の化学、食品加工学
学歴 十文字学園女子短期大学 学位授与機構認定専攻科(厚生省認可三年制栄養士課程) 食物栄養専攻 修了
女子栄養大学大学院 栄養学研究科栄養学専攻修士課程 修了
渡辺 章夫 専任講師 ①栄養成分や機能性成分を中心とした食品分析、機能性評価法の開発
②食品分析学、食品安全学、フードシステム論
③食品分析学、食品の安全性評価論
学歴 東京理科大学 基礎工学部生物工学科 卒業
東北大学大学院 農学研究科生物産業創成科学専攻博士課程 修了
倉若 美咲樹 助教 ①栄養素中間代謝産物ならびに食品成分の安全性・有効性に関する研究
②栄養生理学
③基礎化学、栄養生理学
学歴 十文字学園女子大学大学院 人間生活学研究科 食物栄養学専攻 博士課程 修了(栄養学)
高谷 和成 特任教授 ①-
②食品開発学
③食品開発学概論、フードマーケティング論
学歴 神戸大学 農学部農芸化学科 卒業