グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


人間生活学部

ホーム >  人間生活学部 >  食品開発学科 >  学科概要(学びの特色・カリキュラム)

学科概要(学びの特色・カリキュラム)


食品開発に必要な5つのスキルを学ぶ

食品を扱う者として欠かせない基礎知識から、高度な食品開発研究を行うための専門スキルまで、食品開発に関する学びを5つの領域に設定。
充実した科目構成のカリキュラムにより幅広く学ぶことができます。

高度な食品開発研究

画像説明文

多彩な現場体験を通して食品開発の実践力を磨く

さまざまな食品関連企業や研究所と連帯し、第一線で活躍するスペシャリストを講師に招いた授業を多数開講します。また、企業でのインターンシップ、食農体験、学内でのカフェ実習も行い、現場での実践力を身につけていきます。
企業・研究所
食品開発学概論
食品開発実習
食品開発インターンシップ
×
お菓子、乳製品、麺類、ハム・ソーセージ、調味料、清涼飲料など多くの食品会社や研究所と連携
地域
地域農家と連携した「食農体験」実際に農業を体験することにより、作物の生産、管理方法を学びます。種まき、栽培、収穫などの一連の作業を自ら行い、収穫したての旬の農産物を味わうなどの体験を通して多くの学びがあります。
学内
キッチンカーでのカフェ実習これまでに修得した知識、技術を活かして、学生が考案したメニューを学生自身で提供し、食品開発の実践力を身につけます。
独自の取り組み
野菜畑ドレッシングシリーズを
考案・開発
小林ゼミでは、修得した専門的知識を実践に活かし、農業の6次産業化を目的に、新座市産の地場野菜を用いたドレッシングを開発しました。現在では、にんじん・ごぼう・ブロッコリー・いちごと4種類を商品化し、新座市の「ふるさと納税返礼品」として登録されています。

身につけた食品学の知識や資格を活かし幅広い分野で活躍する

食品開発学科で学ぶ商品開発や品質管理の知識・技術を求める業界は多岐にわたるため、活躍できる職種も研究、開発職、管理部門スタッフなど多彩です。理系のキャリアを輝かせる大学院進学の道も開けます。より専門性を高めるために、食品衛生管理者や専門フードスペシャリストなどの資格取得をめざすこともできます。

詳しくはこちら

この授業に夢中

食品開発学科の科目一覧はこちら

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。