人間福祉学科 Department of Human Welfare

広く社会福祉分野において活躍し、
人の役に立つことのできる人材を
育成します。

学びの特色

  1. 1

    だんのらしのあわせを支える
    福祉専門職をめざす2つのコース

  2. 2

    地域連携アクティブラーニング実践力を身につける

  3. 3

    少人数制・充実したゼミ活動を
    通したキャリア教育

学びの内容

〈社会福祉・保育〉と〈社会福祉・介護福祉〉の2つのコースを設置して、それぞれのコースにおいて2つの
国家資格をめざすことができるカリキュラムを設定しています。
現場での活躍だけでなく、社会福祉関連の機関・施設においてリーダーとなれるような人材の育成が目標です。
少人数教育によるきめ細かな授業が特徴で、特に福祉の分野へ多くの人材を輩出しています。

授業、ゼミ紹介

「障害者福祉論」

障がいのある方への福祉に関する日本や世界の歴史、法・制度を学び、適切な支援方法について考えます。授業の中で、視覚障がいのある方が、手を貸してほしいときの合図として「白杖を上に上げる」ことを学びました。実際に駅のホームで視覚障がいのある方を電車の乗り口まで案内する機会があり、授業で学んだ知識が活きただけでなく、“あれで良かったのか”と、支援についてさらに深く考えるきっかけにもなりました。

3年 相場 夏希[ 埼玉県・久喜北陽高校出身 ]

この授業では、障がいの有無や福祉専門職を志す人向けである前に「人として人とかかわること」を大切にしています。学生の日常生活での出来事や障がい者を取り巻くニュースを題材にし、身近な事として捉え、障害者福祉の基本的な理念や障がいのある人の生活とそれを取り巻く社会情勢、福祉需要について理解を深めます。主体的に学ぶ姿勢を身につけ、心や身体、命を守れる福祉職をめざしてもらいたいです。

人見 優子 准教授

「福祉と食」

乳幼児・障がい児・高齢者の方々が「食を通じて生きる希望が持てる支援」を福祉学の視点から学びます。この授業は、福祉の現状や制度などについて福祉職や公務員職に精通する複数の先生方が自らの経験談を交えて講義を行うオムニバス形式で進められます。幅広い支援の中から携わりたい分野を探すことができ、以前から興味があった「地域福祉」についても具体的な施策案を考えられるようになりました。

1年 中村 七都[ 埼玉県・所沢西高校出身 ]

「福祉」の対象者と「食事」を単純に結びつけるのではなく、多様な視点から「福祉と食」について考えることができるように意識しています。例えば、私が担当する高齢分野では、介護施設の食事に関するテーマを設定し、自身の介護施設での経験を踏まえながら「介護食」のあり方について講義を行っています。“食”がもたらす効果や影響について理解を深め、授業で得た知識を福祉を必要とする人への支援につなげてほしいと思います。

二瓶 さやか 准教授

先輩の声

  • 栗橋ナーシングホーム
    翔裕園
    2019年卒業

    在学中に取得した主な資格
    • 介護福祉士

    家族との関係や実習での経験が、
    介護福祉士の礎となっています。

    介護老人保健施設(老健)で介護福祉士をしています。食事や排泄の介助、イベントの企画、家族面会の補助などを行いながら、利用者の「できることを活かす介護」を日々考えています。施設内には看護課やリハビリ施設もあるため、幅広い介助知識を応用し、各専門職の方々と協働して在宅復帰をめざし支援できることにやりがいを感じます。介護職を志したのは、家族の影響が大きいです。幼い頃から家庭内で介護や医療にふれる機会が多く、大学での「介護実習」から老健を志望するようになりました。利用者目線の介護プログラムを学んだ経験は、現在行っている「身体状況を考慮した多様性のある介護」を意識するきっかけになったと思います。今後も、心と身体に寄り添うケアをめざします。

  • 練馬区役所 2020年卒業

    在学中に取得した主な資格
    • 社会福祉士
    • 保育士

    「聞く」だけではなく、
    「受け止める」ケースワークを。

    区民センターで生活保護のケースワーカーとして働いています。担当地区のご自宅訪問、センターでの相談対応や保護費に関する事務作業などを行いながら、受給者の方の自立に向けてサポートします。受給者の方と信頼関係を築くことは大変ですが、相手の話を「傾聴」することを意識しています。視覚障がいのある方のケースでは、訪問・相談を重ねながら、通院やヘルパーによる介助を導入していただける段階まで支援することができました。支援においては、大学時代にお世話になった今井先生の「制度やサービスの“知識”、それを伝える“技術”、助けたいという思い“価値”」という信条を大切にしています。今後も、「相談したい」と思っていただけるケースワークに取り組みたいです。

Know More もっと十文字を知りたい方へ