社会情報デザイン学科 Department of Social and Information Design

文理融合とデザイン思考で
新たな社会で輝く
女性を育成します。

社会、情報技術、マネージメントに関わる科目を学び、プロジェクトを通して皆で話し、考え、作り、
そして、社会を構想し、デザインする自分を見つけます。

先輩の声

  • 新座市役所 2018年 生活情報学科卒業

    大学での出会いや経験の数々が
    今の仕事につながっています。

    大学で地域活動やボランティアに参加し、新座に愛着を持つようになりました。そして、自分のためだけではなく、誰かのためになる仕事に魅力を感じ、市役所に就職しました。最初の所属は地域活動推進課で町内会や集会所などの地域コミュニティに関する業務を行っています。仕事で地域の方と関わっていくなかで、市は職員だけではなく地域の皆さんと一緒に創られていることを実感しています。市役所は課によって全く違う様々な業務を行っており、やりがいを感じます。この仕事に就くことができたのも、受験を勧めてくれた先生方や友人たちのおかげです。皆さんも大学でたくさんの人と出会い、多くの経験を積み、有意義な時間を過ごしてください。

  • セゾン自動車
    火災保険株式会社
    2018年 メディアコミュニケーション学科卒業

    Webのスキルを活かしながら、
    人をサポートする仕事を極めたい。

    損害保険会社で、事故対応をする人たちの支援や、お客様対応の企画をしています。支援業務では働きやすい環境を考えたり、教育を行うこともあります。企画は、お客様と接するメディアを考え導入する仕事です。どちらもWebやSNSをはじめとしたメディアの知識が欠かせません。大学で学んだことが活きる職場だと思っています。人をサポートする仕事がしたいと考えてこの会社を選びました。そういう気持ちは、人のためを考える学生が多い十文字で強くなっていったと思います。いまは、世の中の流れにアンテナを張れと教えていただいた先生の言葉が身に染みます。一つひとつ経験を積んで、広い視野を持った人になろうと思います。

※社会情報デザイン学科の前身である、生活情報学科、メディアコミュニケーション学科の卒業生を紹介しています。

Know More もっと十文字を知りたい方へ