グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学生生活  > 修学支援制度  > 授業料免除制度(平成30年度後期)

授業料免除制度(平成30年度後期)

授業料免除制度(平成30年度)

修学に熱意があるにもかかわらず経済的理由により修学が困難な者を支援するための授業料免除制度です。

1.応募資格

修学に熱意のある本学学生(大学院含む)で、経済的理由により授業料納入及び学生生活が困難な者
(※ 家計状況が、本学が目安とする収入金額以下である者) 
ただし、外国人留学生は対象となりません。

2. 免除対象の授業料の額

免除される授業料の額は,各学期に納付すべき学納金のうち、施設費、実験実習・教育充実費を除く金額の全額又は半額です。

大学
人間生活学部 37万5千円

大学院
人間生活学研究科 (履修期間によって、異なります)

※過年度生は金額が異なる場合があります。

3.申請に関する説明会および申請受付期間

【説 明 会】
①平成30年6月22日(金)12:15~ 9417教室
②平成30年7月2日(月)12:15~ 9417教室

※説明会は両日とも同じ内容です。どちらか1日に出席してください。
※3限目に授業がある学生は、説明を聞きながらお弁当を食べてもかまいません。
※申請書類は説明会で配布します。制度を希望する学生は必ず出席してください。
説明会は予約制です。配布資料を準備しますので、学内メールで配信した申し込みフォームから、参加申し込みをしてください。

【申請受付】
平成30年7月13日(金)16:20まで ※締切厳守

4.免除予定者数

年度により変動
 平成29年度後期実績/大学・大学院併せて半額免除64名
 平成29年度前期実績/大学・大学院併せて半額免除58名

5.選考

提出書類(経済状況)および単位取得状況等に基づき,本学授業料免除者選考委員会で選考します。

詳細については学生支援課にお問い合わせください。

学科紹介