グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 人間発達心理学科

人間発達心理学科

あなたがめざす 心理学のエキスパートになろう

心理学には発達心理学や臨床心理学、そして社会心理学など幅広い分野が存在します。人間発達心理学科では乳幼児期から高齢期まで、生涯にわたる「こころ」についてさまざまな視点からアプローチを図ります。学んだ知識は接客やマーケティングなどの仕事に役立つだけでなく、養護教諭や認定心理士などの資格を取得することで教育・福祉領域での活躍も可能です。「社会で活かせる心理学」を身につけます。


学びの特徴

= Point 1 =
乳幼児から高齢者までの「こころ」が研究対象。
さまざまな領域の心理学を学びます。

= Point 2 =
心の問題を理解・支援し心を研究する方法を身につけるための
6つの領域を設定しています。

= Point 3 =
養護教諭や認定心理士など複数の資格を取得することで
それぞれがめざす未来に備えます。

教員メッセージ

伊藤 恵子 教授

「なりたい自分」になれるお手伝いをします。
本学科では、乳児から高齢者までの発達を学ぶとともに、その過程で生じる心の問題への対応や人々を支援するための理論や方法を学びます。対人場面や集団状況での心理や身体の健康についても学び、講義だけではなく、施設や小中学校でのボランティア等を通して、実践力を培います。また、心理検査、観察、実験、質問紙、面接といった心理学独自の研究方法を少人数で学ぶため、情報を鵜呑みにするのではなく、事実を検証する実証的態度が身につきます。これらは、養護教諭や心理職だけでなく、さまざまな職場や日常生活で大いに役立ちます。

心理学には発達心理学や臨床心理学、そして社会心理学など幅広い分野が存在します。人間発達心理
学科では乳幼児期から高齢期まで、生涯にわたる「こころ」についてさまざまな視点からアプローチを図ります。学んだ知識は接客やマーケティングなどの仕事に役立つだけでなく、養護教諭や認定心理士などの資格を取得することで教育・福祉領域での活躍も可能です。「社会で活かせる心理学」を身につけます。


学科紹介

短期大学部

大学院