グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 人間発達心理学科  > 学科概要(学びの特色・カリキュラム)

学科概要(学びの特色・カリキュラム)

学科の特色

心理学には発達心理学や臨床心理学、そして社会心理学など幅広い分野が存在します。人間発達心理学科では乳幼児期から高齢期まで、生涯にわたる「こころ」についてさまざまな視点からアプローチを図ります。学んだ知識は接客やマーケティングなどの仕事に役立つだけでなく、養護教諭や認定心理士などの資格を取得することで教育・福祉領域での活躍も可能です。「社会で活かせる心理学」を身につけます。


日常にも活かせる心理学の知識の修得

乳幼児から高齢者まで、生涯にわたる心の発達を理解し、基礎的なカウンセリングマインドを身につけることが目標です。
そのため、発達心理学と臨床心理学に力を入れています。
加えて、社会心理学など生活に密着した領域も学び、普段の生活に活かす実践的な態度を養います。
心理学は心の不思議を解き明かす学問です。心のしくみを学び、人間をより深く理解することで、あなたの心も豊かにします。
この学びを通して、コミュニケーションや支援の多彩な方法が見つかるでしょう。
また、データから人の心を読み解いていく分析力も身につけていきます。

養護教諭採用試験で高い合格率

心理学をベースに、学校保健や公衆衛生学などの専門科目、応急処置や看護学など子どもの命を守る授業科目も充実しています。
3年次では日本赤十字社救急法救急員の資格講習も開催。大学で救急員の資格が取れるので、養護実習や採用試験時の実技試験にも自信を持って臨めます。
教職課程センター(P11参照)による手厚いサポートも受けられるので、学習面・技術面でバックアップする体制が整っています。その結果、養護教諭の採用試験において、例年、全国平均を上回る高い合格率をあげています。

活躍分野が幅広く、一般企業や教育・福祉領域、公認心理師取得もめざせる

本学科での学びは、養護教諭だけでなく、一般企業や教育・福祉領域など幅広い分野で活かすことができます。
カウンセリングで身につけた傾聴姿勢は、接客や販売、対人交渉に有用です。データ処理を通じて身につけた分析力やPCスキルは、マーケティング調査やデータを扱う仕事で活かせます。人の発達に関する知識は、子どもや高齢者と接する仕事に役立つことでしょう。
また、心理学の国家資格である公認心理師取得のために、2018年度から公認心理師対応のカリキュラムがスタート。

こんなことを学んでいます!

この授業に夢中

認知心理学
視覚や記憶、思考など人間の認知のしくみ=さまざまな情報を処理する脳のしくみを学びます。

疑問が芽生えたとき、どのようにして納得できる答えを導けるか、
実証できるか。自分でも、実験して調べてみたいと思うようになりました。
(人間発達心理学科3年)


映像や実験を通して、体験的・実践的に脳と心の関係を研究する方法を学びます。
科学的視点を持ち、自ら課題を発見し探究する力を養うことをめざします。
(池田 まさみ 教授)

時間割例

人間発達心理学科の授業科目一覧はこちら


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


学科紹介