グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 人間発達心理学科  > 取得可能な資格  > 国家資格「公認心理師」への対応について

国家資格「公認心理師」への対応について

心理職の初の国家資格「公認心理師」に関する公認心理師法が、平成27年9月16日に公布され、平成29年9月15日をもって全面施行となりました。
本学人間生活学部 人間発達心理学科では、2018年度(平成30年度)入学者から公認心理師養成に対応したカリキュラムがスタート。
また、在学生に関しても、移行措置として、大学における公認心理師養成のカリキュラムを履修したとみなされるように対応を進めております。

公認心理師とは

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。
(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

公認心理師の活躍の場

公認心理師は、以下のような分野での活躍が期待されています。

<主な公認心理師養成ルート>

公認心理師対応カリキュラム

公認心理師の受験資格を得るためには、卒業までに「4 年制大学において省令で定める科目」の単位を修得しておく
必要があります。人間発達心理学科では、以下の開講科目(28科目)において対応しております。

学科紹介