食物栄養学科 Department of Food and Nutrition

幅広い知識と技術を身につけ
人々の健康に貢献できる
管理栄養士を育成します。

人々の生涯にわたる健康と幸福の実現のために、
社会に貢献できる食・栄養・健康の専門家を養成します。
科学的根拠に基づく識見、企画力、指導能力、実践力を持ち、
豊かな人間性を活かし、さまざまな職域で活躍できる管理栄養士をめざします。

学びの特色

  1. 1

    確かな基礎力・実践力を備える

  2. 2

    高い専門性を持った管理栄養士をめざす

  3. 3

    管理栄養士・栄養士などの専門就職率100%

学びの内容

科学的な根拠に基づく、識見、企画力、指導能力、実践力を備えた感性豊かな食・栄養・健康の専門家を育てます。
管理栄養士国家資格取得をはじめ、栄養教諭、フードスペシャリスト資格、NR・サプリメントアドバイザー資格、健康運動実践指導者資格、第一種衛生管理者免許の資格取得科目も充実し、食・栄養・健康にかかわる職域で活躍することが期待できます。

授業、ゼミ紹介

「応用栄養学Ⅰ」

「日本人の食事摂取基準」の基本的な考え方や、ライフステージごとの栄養管理法について学びます。特に「新生児期・乳児期」に関する授業は印象的でした。今までの離乳食指導では、離乳開始前に乳児へ果汁を与える慣習がありましたが、現在は必要ないとされていることに驚きました。新たな栄養知識を修得する面白さと、「アップデートされた栄養学」を伝えるという管理栄養士としての役割を学びました。

3年[ 埼玉県・山村学園高校出身 ]

この授業で学ぶ内容は、管理栄養士を目指す学生の「土台」となります。なるべく学生が身近に感じられるようなトピックスを多く盛り込み、知識を定着させることを意識して授業を展開しています。受講する学生には「健康と食」の関わりに興味を持ち、各課題に対して「管理栄養士としてできること」を考える習慣と、前向きに学修する姿勢を身につけてほしいです。

中岡 加奈絵 専任講師

先輩の声

  • 鴻巣市役所 2020年卒業

    在学中に取得した主な資格
    • 管理栄養士
    • 栄養士

    食を通して生活習慣病を未然に防ぐ、
    一次予防に取り組んでいきたい。

    乳幼児健診での栄養相談、健康の知識を広める教室や、料理教室の開催など、行政栄養士の仕事は多岐にわたります。どの業務も十文字で学んだ知識が活かせるので、やりがいを実感しています。「応用栄養学実習」でミルクや離乳食について学んだことは乳幼児栄養相談の現場で役立っています。また、「臨床栄養学」の知識は持病のある方への栄養相談に活かせています。職場では、日頃から相談業務のスキルを上げるために、先輩職員からの助言や行動から学んだり、新しい知識の吸収を常に心がけています。行政栄養士は、学生時代から取り組みたかった一次予防に関わることができる仕事です。市民の健康増進の手助けができるよう、さらに経験を積んでいきたいと思っています。

  • 上尾中央総合病院 2020年卒業

    在学中に取得した主な資格
    • 管理栄養士
    • 栄養士
    • 第一種衛生管理者

    栄養指導や栄養管理を通して、
    チーム医療の成果を高めていきたい。

    総合病院の管理栄養士として勤務し、患者への栄養指導を行っています。また、外科病棟に常駐しており、医師をはじめ様々な職種のスタッフと検討を重ね、患者の食事や点滴の内容を考え提案しています。提案の効果が患者の検査値の変化として現れる厳しい仕事ですが、とてもやりがいを感じています。大学時代の臨地実習で、管理栄養士の立場が医療の現場で確立されていることを知り、この仕事を選びました。700床以上ある病院では多様な難しい症例も扱いますが、「臨床栄養学」の授業で、病態とその栄養管理について学んだ知識が仕事の核になっています。いつでも的確な判断ができる管理栄養士として、これからも成長を続けていきたいです。

Know More もっと十文字を知りたい方へ