グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 文芸文化学科

文芸文化学科

文学・日本語・美術・演劇・文化


ゆたかな表現力を身につけ、うつくしい女性に
コミュニケーションの基本であり、文学などの芸術でも私たちの心に響いてくる「ことば」。文芸や言葉を多角的に研究することで、人や文化に関する教養を身につけます。その上で「読む」「書く」「聴く」「話す」といった日本語運用能力を磨き、ライターや編集者など「ことば」に関わる仕事に就いたり、図書館司書、学芸員、教諭などの資格を活かしたりと、幅広い分野で社会に貢献できる豊かな表現能力を備えた女性を育成します。


学びの特徴

= Point 1 =
学びの基礎をしっかり身につけた後に、「芸術文化」
「日本語・日本文学」の2コースから進路を選択します。

= Point 2 =
何気なく使っている日本語を再度見直し、読解力やプレゼン力、
論理的思考力に長けた女性に。

= Point 3 =
舞台鑑賞や創作ワークショップなど学びと体験が連動する
科目が充実。「読み解く力」を身につけます。

教員メッセージ

好本 惠 教授

文芸・文化を通して人生を豊かに。興味を伸ばし、視野を広げましょう。
どんなことがあっても、自分らしい喜びを見つけて生きていく。学生時代にその方法やきっかけをつかめるといいですね。文学や文化はすぐ役立つようには思えないかもしれませんが、きっとあなたの人生を豊かにしてくれます。芸術や文化に直接触れることのできる体験授業も多くあります。専門性の高い先生方や仲間と共に興味のあることを伸ばし、さらに視野を広げていきましょう。日本語を大切にする姿勢も自然に身につくはずです。

言葉を中核として、文化と芸術への深い洞察力を持つ女性を育成します。適切かつ高度な日本語の運用能力と論理的思考力を身につけることで、自らの考えや想いを的確に相手に伝える力を養います。また、文化・芸術についての知見を活かして社会への貢献を果たす教養ある女性を育てます。


文芸文化学科の授業を一部紹介します。


学科主催の課外授業のほか、学生主催の七夕パーティーなど様々なイベントを開催しています。


文芸文化学科のカリキュラムは、各種資格・検定を効率よく取得できるよう工夫されています。
各種資格については、詳細のページもご覧ください。


幅広い教養と高度な日本語運用力を活かす分野で活躍できます。


文芸文化学科では、オープンキャンパスで模擬授業を行います。
大学の授業を体験してみてください。【事前申込み不要】


学科紹介

短期大学部

大学院