グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 学科案内  > 文芸文化学科  > 主な進路・就職  > 文芸文化学科でめざす将来

文芸文化学科でめざす将来

学生:文芸文化学科は、十文字学園女子大学で唯一“学芸員”をめざせる学科と知りました。新しい何かにチャレンジしたい気持ちもあって、学芸員をめざすようになりました。樋口先生が考える学芸員
のやりがいって何でしょうか。


樋口:学芸員とは、博物館・美術館における専門職です。博物館の仕事には、事務や受付、ミュージアム・ショップなどさまざまな職務分担がありますが、学芸員は、美術作品や歴史資料など文化財の管理や取り扱いをして、展覧会の企画を行うといったことをしています。博物館や美術館には貴重な資料が数多くありますよね。それに「触れる」ことのできる仕事なので、貴重な経験ができると言えます。また、人類の遺産である貴重な文化財を次の世代に継承するという、重要な使命の最前線に立っています。その立場で、魅力的な展覧会を作り上げるということに大きなやりがいがあると考えています。

学生:学芸員にしかできないことが、やりがいにつながるのですね。学芸員をめざす課程での代表的な授業にはどのようなものがありますか。

樋口:博物館や美術館といった施設を歴史的・制度的に学ぶ“博物館概論”では、実際に見学にも行くので興味深く学べると思います。また“芸術と人間”という日本の美術史の全体をつかむ授業では美術史学の基礎力を身につけます。この基礎が美術・芸術にのめりこむきっかけになってくれたらうれしいですね。

学生:高校までとは違う授業がたくさんありますね。学芸員をめざすことは、どのように社会に役立つの
でしょうか。


樋口:この質問はよく聞かれます(笑)。学芸員をめざすことは社会で役立たないのではと思われがちですが、そんなことはありません。展覧会の開催には、コンセプトやストーリーを考える“構成力”、それを鑑賞者に伝えるための“表現力”、そして展示資料の時代背景まで知る“理解力”が必要です。学芸員をめざすということは、考えを論理的にまとめあげ、それを表現しようとする態度を身につけることにつながります。ですので、一般社会で広く求められる力が身につく課程だと思っています。

学生:先生のお話を聞いて、今まで以上に集中して取り組もうと思えるようになりました。私は図書館司書課程も取っているので、どちらも頑張ろうと思います!

樋口:ぜひ頑張ってください。そして、この4年間で色々なものをどんどん吸収してください。大学の授業はもちろん読書、演劇やコンサートを見に行くこと、そして博物館や美術館に行くことで、感性をみがきましょう。そして自分が関心を持って打ち込めることを見つけてもらえたら私たちもうれしいですね。

学科紹介