グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 入試情報  > AO入試ワンポイント

入試情報

AO入試ワンポイント

AO入試とは?

十文字学園女子大学のAO入試は、自ら学び、自ら考え、主体的に判断して行動する能力や、自己を表現する力、また 積極性や協働性について、面談や課題、高校までの諸活動の成果、取得資格などを評価し多面的、総合的に選考します。

※詳細は、本学発行の『アドミッション・オフィス入試のご案内』でご確認ください。

課題への取り組み方について

AO入試の試験は各学科によって異なりますが、基本的な試験方法として、作文、小論文、面談があります。
オープンキャンパスで行われた「AO入試ポイント解説」コーナーでは、課題への取り組み方について分かりやすく3つのポイントに絞って説明しています。

<作文・小論文のポイント>

  1. 誤字脱字に気をつける
  2. 原稿用紙の9割は埋める
  3. 設問の趣旨に沿った内容を


<面談のポイント>
  1. 過去=高校時代に頑張ってきたこと
  2. 現在=志望動機
  3. 未来=入学後の将来像

上記を自分の中で整理しておくことが大事です。

AO入試を受験しようと思った理由

実際にAO入試で出願し、入学した学生のコメントです。
学生それぞれにAO入試を選んだ理由があります。
AO入試で出願するメリットにも繋がる話ですので、ぜひご参考ください。

学生インタビュー:AO入試について

自分の思いをしっかり伝えましょう!

幼児教育学科 3年 在学生

私が十文字学園女子大学を受験しようと思った理由は1年生のうちから実習あり、早くから子どもたちと触れ合うことができると思ったからです。
早くから実習に行くことで、保育現場のたくさんのことを学べるのではないかと思い受験しました。AO入試で受験した理由は、AO入試が1番募集人数が多く、学力というより個人の意思や考えを大切にしている大学なのだと知ったからです。AO入試までに何度かオープンキャンパスに行き、わからないことを学科の先生や先輩に教えて頂いたり、AO入試のポイント講座を聞いたりしました。AO入試の対策として、高校の先生に作文をみて頂いたり、面談の練習をして頂きました。また日頃からニュースや新聞を見て、自分の意見を考えるように心がけていました。
面談では緊張しますが、笑顔でハキハキと自分の気持ちをしっかり伝えることが大切です。頑張ってください。